ミサワホーム 耐震

ミサワホームの耐震性能は高水準なのか?

 ミサワホームといえば、数ある住宅メーカーの中でも大手でいわゆるハウスメーカーと呼ばれる範疇に入るメーカーですが、ミサワホームで家を建てるに当たって耐震性に関して気になる方も多いと思います。

 

 

 

 ミサワホームは木質パネルを使用した建築方法ですが、重量鉄骨で建築するメーカーなどよりも耐震性が遙かに劣っているのでは無いかと不安になる方もいるかもしれません。

 

 

 

 ミサワホームの耐震性に関しては、ミサワホームのホームページを調べてみても耐震性能の等級数が明確に記載されておらず、どの程度の耐震性能なのかが気がかりな点なのも事実です。

 

 

 

 ミサワホームで建築された方の評判を見てみたりすると、耐震等級3がとれていると回答されている方もいるので、建築プランによっても変わってくるところもあるので一概には言えない部分があります。

 

 

 

 ミサワホームは、建築方法が木質パネルを接着剤とボルトで結合して面で家を構成するという建築工法ですから、工法からすると、日本の在来工法などから比較すると面で家を支えるという工法のため、強度が高いのは間違いないといえます。

 

 

 

 さらに、ミサワホームはエムジオと呼ばれる独自の耐震・制震工法を採用していてこの部分も注目すべきです。地震の揺れを2分の1程度に軽減してくれるというこの耐震・制震システムが住居内の柱部分に採用されているので、地震の揺れを軽減するための配慮がなされているといえます。

 

 

 

 

 また、ミサワホームは南極大陸の日本の基地を設計していることでも有名で、過酷な環境でも耐えうる家屋を建築しているノウハウがあるので、耐震性に関して十分考慮して建築されているといえます。

 

 

 

 

 ミサワホームで建築する際には、打ち合わせ段階で耐震等級に関して何等級取得可能であるかを設計士に確認してから建築に当たることが安心といえます。

 

 

 

 

 プランによっては耐震等級2の家があったり耐震等級3の家があったりとばらつきがあり、耐震等級3が必ず取得できると謳っているメーカーよりは若干耐震性においては弱いイメージはぬぐえないといえます。

 

 

 

ミサワホーム 値引き|限界の値引き交渉方法のTOPへ