ミサワホーム 断熱材

ミサワホームの断熱材の性能について

新築で建てる場合、目に見える外観やデザイン、内装などのグレードにこだわるだけではなく、断熱材には何が使われているのかや、どのような施工を希望するのかなど、様々なことにこだわるのは当然のことです。

 

 

 

今回は断熱材に注目してみました。

 

 

 

一口に断熱材といっても各ハウスメーカーや工務店などで採用されている種類は様々ですし、その施工方法も様々だと言われています。

 

 

 

一般的に、ハウスメーカーで採用されることの多い断熱材としては「グラスウール」があげられ、標準仕様がグラスウールとされているメーカーさんも多いようです。

 

 

 

このグラスウールは、リサイクルガラスなどを溶かして細く繊維状にした断熱材です。

 

 

 

床や壁、天井などの部分に使うことができる断熱材で、
柔軟性があるため、柱と柱の間に隙間がないように施工していくことができます。

 

 

 

グラスウールは無機質なので燃えにくいといった特徴もありますし、
高温や多湿などの状態であっても劣化が起こりにくい、価格が安いといったことも最大のメリットではないかと思います。

 

 

 

 

ミサワホームの断熱材にもこのグラスウールが採用されています。

 

 

 

 

ミサワホームでは自社工場で生産した木質パネルに、グラスウールを充填するという方法が取られています。

 

 

 

 

ハウスメーカーの中には断熱性や気密性が業界トップレベルを誇っているようなメーカーもあります。

 

 

 

 

そのようなメーカーと比較すると断熱性能に関しては劣ってしまう部分は否定できませんが、ハウスメーカーの中でも特にミサワホームの断熱性能は良いと言われています。

 

 

 

 

 

特にミサワホームのスマートハウスという商品は高断熱・高気密な仕様がベースとなっているため、性能の高さがうかがえます。

 

 

 

 

住まいの断熱性・気密性が高いことで、省エネで環境にも家計にも優しく、また快適な暮らしが実現しているのです。

 

 

 

ミサワホーム 値引き|限界の値引き交渉方法のTOPへ